さて、今回最後にご紹介していきたい内容は、「いかにお酒を高く売るか」ということについてです。
折角お酒買取りサービスを利用しようとしても、肝心のお酒の状態が芳しくなければ、それだけ買取査定で金額が落ちてしまいます。

一般的に、こういったサービスを利用しない方からすれば意外に思われるかもしれませんが、実は高額のお酒を買い取ってもらおうと思えば、それだけ”保管状態の良さ”を維持しておく必要があるのです。

そういった点も含め、どのような部分を査定されてしまうのか、どうすればより高額で買取をお願いすることができるのか。
ご紹介させていただきますので、最後までどうぞご覧ください。
高価買取確実の地酒とブランデー

  高く売るための条件その1:見た目を綺麗にすること

お酒なんだから中身が劣化していなければいいに違いない。
そう考える方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、お酒を買い求める方の中には、お酒を飲むだけでなくコレクションをしているコレクターの方々もいらっしゃいます。

そういった方からすれば、見た目というのは非常に大切です。
少し見た目が悪いだけでも、保管状態が悪かったとみなされてしまうのです。
なので、埃がついていればしっかりととる。
汚れていれば拭くなど、できるだけ綺麗な状態にしておいてください。

  高く売るための条件その2:出来るだけ早く売ること

お酒によっては賞味期限というものもしっかりと設定されています。
例えば日本酒なら1年以内に飲んだ方が味が良いと言われているため、より高い鮮度が重視されるといっても過言ではありません。

また、その他のお酒に関しても”ヴィンテージの方が良い”と言われるようなものでなければ、賞味期限に近づく前に買取を依頼した方が、より高価で買い取ってもらうことができます。

  高く売るための条件その3:付属品もそろえること

元箱などの付属品が付いている物も中にはたくさんあります。
何もないものであれば構わないのですが、もし本来あるはずのものが付属してない場合は、かなり大幅な減額となってしまいますので、ここはしっかりと注意をしておく必要があるでしょう。
もともとどんなものがついていたのか、あらかじめ調べておくというのも一つの手です。

  高く売るための条件その4:まとめて売ること

1本1本をバラバラに売るよりも、まとめて売った方が高額で買い取ってくださることも少なくありません。
買取サービスとしては、やはり沢山売って下さる方が嬉しいので、もし売りたいものが沢山あるのだとすれば、一度に売ってしまった方が”サービスしてもらえる”可能性も高くなりますので、お勧めです。